物件のサブリースとは

不動産業者の競争は激しい

不動産保有者が物件を開発すると不動産の管理が問題になります。不動産の管理は専門家に任せることが効率や万一のトラブルを避けるうえでも適当です。単に管理だけを受託する業者もいますが、サブリースで賃貸事業のテナント補償のリスクを取る業者もおります。サブリースは通常長期の契約になりますが、賃料下落リスクをある程度で避けるために3年から5年で条件を機直すことを契約に織り込みます。不動産業者も自身が無ければサブリースは受けませんので、すべてのプロジェクトでこの形態が成立するわけではありません。不動産業者が管理業務だけの場合はオーナー自身でテナントを探さなければいけませんので、仲介業者に委託することになります。

サブリースは賃料の85パーセントから90パーセントで実施

サブリースの補償は物件ごとに異なりますが、通常は賃料の85パーセントから90パーセントがオーナーに入ります。安定した収入を得られるサブリースという形態は競争の激しい不動産業界でも業者にとってリスクの高い方の範疇に入ります。オーナー自身が最大の収益を獲得するためにはオーナーが汗をかいて手配をしなければなりません。テナント募集は仲介業者に任せるとしても管理を一括で頼むと高くなってしまいます。日常の清掃は管理人を雇うか清掃業者に定期的な清掃を委託します。入退去時の清掃や内装工事は工事業者を決めておくと比較的早い対応をしてもらえるので無駄な期間が防げます。最近はネットでの仲介が多いので専任媒介にする必要はないでしょう。