人気の賃貸経営とは

最近の賃貸のトレンドとは

最近の不動産投資の一つに賃貸経営があります。この賃貸経営は自己所有の不動産(マンションやアパート)を人に貸してその家賃を収益とするものです。 賃貸経営をする場合には、まずはマンションやアパートなどの建物を買取らなければなりません。その上で人に貸すことで収入を得ることができるのですが、資金はそれもなかなか難しくなっています。最近の傾向としては不動産が余り始めているため、賃貸物件でもなかなか人が埋まらずに空室のままの部屋も多いのです。全国的な空室率は20%以上とも言われています。 ただ、空室が増えていると言っても人気のある賃貸はすぐに埋まってしまい、絶え間なく人の出入りがあります。逆に空室が多いところは7割以上が空室で、あと数年もしないうちに全員がいなくなりそうなところもあるのです。

賃貸の経営に関わる人たち

賃貸経営をするとなれば、そこには誰かと関わりを持ちながら経営していくことになります。 賃貸経営は自己所有の賃貸を借主に貸すことで成り立っています。つまりいくら部屋をきれいにしても借主が見つからなければ意味がありません。そこで、仲介業者として借主と貸主の間に仲介業者を挟みます。この仲介業者が物件の宣伝をしてくれるので、貸主は特別何もしなくてもよいのです。借主が無事見つかり賃貸契約を交わすことができた場合には、貸主は仲介業者に仲介手数料を払わなくてはいけません。今までいろいろと仲介業者にお世話になったのだから当然です。このように仲介業者の存在は不動産の賃貸経営には必須と言っても過言ではないでしょう。