家賃保証とは

家賃滞納分を本人に代わって支払保証

賃貸住宅を経営するオーナーにとって不安なことの1つに、毎月の家賃が確実に入金されるかどうか、というものがあります。滞納や支払い拒否といった事象が発生すると、事業に支障をきたしてしまいます。 そうした場合に利用すると便利なのが、家賃保証というシステムです。家賃保証とは、専門の事業者が入居者と契約し、家賃の滞納などがあった場合は入居者に代わってオーナーに対して弁済するという仕組みのことです。これによって、オーナーはいわゆる「借り逃げ」などの債務不履行のリスクを免れることができるようになります。 この制度には現在、専業の家賃保証会社が事業を行っているほか、いくつかの信販会社も参入しています。後者の場合は家賃をクレジットカード払いにすることによって事実上の支払い保証を行うもので、今後はこのタイプの普及が進むものと予測されます。

入居者側のメリットと課題

この家賃保証システムは、オーナーばかりでなく入居者側にもメリットがあります。家賃保証会社は一般的な賃貸借契約の際に必須とされている連帯保証人の代行者的な位置にあるため、何らかの事情で保証人を立てられない者であってもこのシステムを利用することで住宅が借りやすくなります。 ただし問題点もあります。というのもこのシステムによってオーナーと入居者との間での債務不履行リスクが解消される代わり、今度は入居者と家賃保証会社との間で同様のリスクが発生するおそれがあるからです。そのため最近では家賃保証会社との契約の際に連帯保証人が必要となったり、高額の保証金の納付が求められたりするケースも発生しています。場合によっては通常の賃貸借契約よりも手続きが煩雑になることもあるので、利用に際しては注意が必要です。